ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

これで良いのかな…これが良いのかな。

なんだか,あくせくと無いものねだりみたいに

心の安定を求てそわそわしていた気がするんだけれど

そんなもの何処にあるんだろう。

午後から、好きな「深夜食堂」を数本続けて見ながらウトウトしていた。

差し当たって特に心配なことがあるわけでもなく、こうしていられることが

幸せなのかもしれないなと、ふと思った。

今年、還暦だものね。

あと、どれくらい生きていられるんだろう。

両親を送るまでは、なんとか生きていないと周りに迷惑がかかるからね。

それが済んだら、いくつか行きたいところへ行って・・・

それで、もう良いかな。

もう、そこそこ疲れてしまったのかもしれないね。

60まで生きていられたのかと…我ながらに思う。  

 

優しそうな業者さんでした。

今朝、金沢からわざわざ来ていただいて茶々を火葬してもらいました。

とても優しそうなご夫婦で、茶々は可愛い小さな骨壺に入って戻ってきました。

包みもとてもかわいらしい色で、良かったね茶々。

お母さんも、きちんと見送ってやれて気持ちが落ち着いたみたいです。

いつまでも悲しんでいると、茶々が心配してしまいますから。

他の方々がYouTubeで別れを告げた動画を見て

ペットが亡くなると、「虹の橋を渡る」と表現する人が多いみたいでした。

茶々は、もう虹の橋を渡ったでしょうか。

向こうにいるお友達と仲良くしてもらうんだよ。

お前は人見知りするから心配です。

そして、いつかまた、私たちのもとへ帰ってきてくれないですか。

そんな無理言っちゃいけないですか。

茶々、しんどくなかったかい

今朝早くに、茶々が天に召されました。

クリスマスイブの朝に逝ってしまったんだね。

昨日の夜は、あんなに一生懸命チュール食べてたのに。

本当は身体がしんどかったんじゃないのかな。

辛そうな様子は見せずに、いつもじっと寝ていたから・・・。

我慢強かったんだよね。

来たばかりの頃は、よく散歩に行って子供たちと走ったりしていたけど

いつからか、全然散歩に行かなくなって

最近では、気が向いたとき、たまに家の前を10m程歩くくらいだった。

お年寄りになったからかなと話していたんだけど。

 

最後はつらくなかったのかな。

食べてる割には痩せていってしまったんだけど、ちゃんと検査していたら

何か悪い病気があったんだろうか。

今させ何を言っても遅いんだろうけど、昨日抱っこしてやれなかったのが

なんとも心残りで・・・。

 

わが家へ来たときに2歳半で、11年が過ぎようとしていたんだね。

もう少しで14歳だったのに。

今日はサンタさんの衣装を着るはずだったのに。

 

でも、本当にわが家へ来てくれてありがとう。

お前のお陰で、家族みんなに笑顔が増えたんだよ。

大切な我が家のアイドルだったんだよ。

せめてもう一年、元気でいてほしかった・・・キリがないんだけど。

ちっちゃい体でよく頑張ったね。

ホントにありがとう。

たくさんの楽しい思い出と笑顔をありがとう。

天国で元気にお散歩しておいでな。

f:id:ume_boshi:20201224233502j:plain

可愛いでしょ♪ と言わんばかりの顔してるね。 もちろん可愛かったよ。

 

 

そろそろ、そろそろなのかな・・・

最近、色々と体調がよろしくない。

嫁さんの親父さんが逝った年齢に、もう少しです。

親父さん、まだ若かったんだなって・・・

「娘さんを嫁さんに下さい」って、結局言わないまんまで結婚式になって

いつかちゃんと話しないとって思っていたんだけど

ずるずると時が過ぎてしまって、いつか親父さんもお袋さんも

あの世へ逝ってしまった。

ずっと世話になってた上司も3年前に逝ってしまったし

そろそろ逝ったとしても「ちょっと早かったね」くらいの年齢なんだろうか。

とは言え、まだ業突な私の方の両親が

とてもとても信じられないくらいお元気でいらっしゃるので

嫁や子供達にかかる迷惑を考えると、とてもとても、まだ逝く訳には行かなくてね。

 

それに、リタイヤしたあとで、しばらく嫁さんと旅をしたいんですよ。

大したことは出来ないんだろうけど、二人っきりの時間なんて

若い頃からそんなに無かったから。

すぐに長男が生まれて、嫁さん一人に子供任せっきりだったから

2人3人って連れて買い物している若いお母さん見かけると

なんか、大変だったんだろうなって思って申し訳ないから。

 

私が一番お荷物なのかも知れないから、そこそこで消えた方が良いのかも知れない。

でも、二人で建てるはずの家を糞爺に潰されてしまった感じだから

小さくても良い、二人だけで暮らせる家を建ててみたいんです。

 

だから、もう少し、もうしばらくは元気で仕事させてくださいませ。

両親は85過ぎても不死身な程元気だけど、私は70歳そこそこで

もう、おやすみしなくちゃいけないのかも知れないし。

その時は、子供達に「お母さんのことよろしくたのむよ」ってお願いできたらと思う。

 

工事一発目(O様宅石油給湯器)・・・静かに、ならない?

23年経過した石油給湯器の燃焼音がウルサくなってきたというので、

交換したんだけど、取り付け完了して、いざ点火したらえらく大きい燃焼音。

に聞こえるんですよね。

メーカー公表値は40dbくらい・・・そんなウルサくないはず。

なんで???

戻ってから色々考えたんだけど、前面(40cm)にブロック塀があるので

それに反射して音が大きく聞こえるのかも知れない。

こちらとして出来ることを考えてみたんだけど

本体のフロントパネル内側に防音防振材を貼り付けて

ブロック塀に吸音材を設置するしか無いと考えた。

それで、Amazon様に発注してみた。

効果が出ると良いんですけど・・・。

吸音材は屋内用だから耐久性に問題あるけど、

原因が塀の反射音だと切り分けできれば良いかなと思う。

どうなるかな・・・上手く静かになってくれると良いけど。

 

f:id:ume_boshi:20200603082524j:plain

防音・防振材

 

f:id:ume_boshi:20200603082616j:plain

ブロック塀用吸音材

 

 

 

 

私も種を蒔いていたのですね

コロナで外出禁止だったGWも過ぎて、ボチボチお仕事していますが

昨年からあちこちで蒔いていたらしい種が、芽を出してくれていたらしく

エコジョーズ給湯器20号1台と同24号1台が売れそうで(もう売約済みか)

石油給湯器も一台売れたみたいな感じだし。

明日は、サーモシャワー取付に行く。

コロナ騒ぎで、外出自粛が続いている中で、私の会社のお仕事は粛々と

実に粛々と、例年通りに進行していく模様です。

外出自粛で経済的ダメージを受けている皆さんには申し訳ないです。

 

常々私は人生についてこういうイメージを持っています。

「人生とは、とても不公平なものである」・・・と

頑張っていても報われないこともあり

さして頑張ってもいない人が、とても恵まれた楽な人生を送ることもあり

努力の対価は、イコールでは無いと感じています。

俗な表現をすれば「運が良いとか悪いとか」そういう話になるのかも知れない。

自分のことを、そんなに運が良いとも思いませんが、自分にしては恵まれているのでは無いのかなと、そんなことを思いながら生きています。

そんなに大きな過に見舞われることも無く、ここまでなんとか生きてくることが出来ましたから。

まだ、この先どうなるのかわかりませんが、人生も半ばをとうに過ぎ

あとは、残りの人生をどう大過なく過ごしていけるかということなのかも知れない。

いくつかの、したいことが出来たら、あとは子供達に迷惑かけずに生きていけたらと思います。

少しは役に立ってやれたら良いけど。

 

あの人もこうしていたのかな・・・

コロナウイルス云々は、幸いなことに我が家には無風で過ぎていってくれている様子。

  (あくまで経済面だけの話・・・)

娘は仕事柄、危険な状態で仕事をしている様だが、看護師である以上仕方が無いのか。

基幹病院に勤務できて喜んでいたんだが、今回はちょっと裏目に出たかな。

 

それより、自分の忍耐力低下というのか耐ストレス度の低さを感じている。

ちょっとしたことがやり過ごせずにイライラしてしまう。

最近の若い奴って、失敗しても正直に言えずに誤魔化そうとして嘘ばかり。

そんなことしてたら自分が進歩できないのに。

 

まぁ、明日の仕事の予定がスッキリしたのは良いことで

関連会社の阿呆がどうなろうが、私の知ったことでは無いのである。

自己中な考えで申し訳ないが、私はMさんにはなれないんだな。

私達が良ければ、それはそれで良いと思って生きていこう。