ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

ふとした空想・・・妄想じみてるかな

何処かで聞いたか読んだかした話だけれど、

人の寿命をあらわした蝋燭があって、何処かの暗い洞窟の様な所に

無数の蝋燭が並んでいるらしい。

元気に燃えさかる炎もあれば、今にも消えそうにゆらぐ火もある。

長い蝋燭も短い蝋燭もあり、時にそれらの中に折れて灯火の消えた蝋燭もあるそうな。

私の知る話では、その洞窟に案内されて説明を聞いた男が

自分の蝋燭が消えかけているのを知って、近くにあった良く燃えている長い蝋燭と

自分の消えかけている蝋燭を交換したところ、その蝋燭は自分の子の蝋燭で

現実に戻った時、我が子が死んでいたという・・・取り返しのつかない話。

 

命の話では無いけれど、もしも生きていく気力というものがあって

もしも、それを人に伝播したり、または他人から吸い取るというか奪い取ることが出来たとしたらどうだろう。

運の良い人悪い人という概念が存在するようだが、それらのことも

このような事象に影響されているのかも知れないし。

人が無意識に、そんなことをやっているだとしたらと・・・ふと思ってしまった。

なにを馬鹿なことを、と自分でも思うけれど。

というのも、Mさんという存在を亡くしてから、どうにも色々なことが楽しくないのである。

若い頃から公私ともに世話になってきたからかも知れないが、色々なことが

あの人を軸にして回ってきた気がする。

その性なのか、まるで自分が糸の切れた凧のような感じで、何をしていても

定まらないというのか、充実感がない。

ある程度の所まで来ていたと思うのに、またつかみ所の無い焦燥感を感じることがある。

もう自分の人生、今から焦ってみたところでなにがどうなる訳で無し

ある程度決まったようなモノで、ここまで良くやって来たと考えるべきなんだけれど

Mさんのことが大きな穴になって、軸の定まらない様な不安定さを感じてしまう。

私は、Mさんから生きる力を受け取っていたのかもしれない。

ひょっとしたら、奪い取ってしまっていたのではないのか・・・・。

 

そんなことを思うほど、最近は会ってもいなかったんだけどね。

今年は色んなことがあって、自身が少しよれているのかも知れない。

・・・自分の元気が出ないのをMさんの性にしちゃいけないですね。

申し訳ない。

でもね、今でも家の前へ行くと

「うめちゃん、わしな・・・」って声が聞こえてきそうな気がするんです。

病院にいる間、貴方のお陰で楽しかったんですよ。

本当に、貴方に「頑張れ」と言われるだけで無敵になれましたから。

Mさんと良い先輩や同僚にも恵まれて、本当に無敵な状態で突き進んでいました。

馬鹿は馬鹿なりに、褒められることで調子に乗っていけたんでしょうか。

そんな私でしたから、ちょっと壁に当たった時、簡単に人生の舵を切ってしまったのかも知れないです。

そう言えば、貴方に相談すらせずに退職を決めてしまったのでした。

本当に馬鹿でしたね。

私は、貴方ほど頭が切れなかった・・・

人間関係において、貴方ほど周到に動くことが出来ませんでした。

それは、貴方がいてくれたお陰で、なにも考えずに動いても上手くいったから。

全ては、貴方が後ろについていてくれたから出来たことでした。

 

もう、何処にもいないのですね。

これからは、自分でしっかり立って歩いて行かないと

もう、いい年なのですし、いつまでもそんなこと言っていられませんから。

寂しい気持ちと悲しい気持ちは、心の隅に畳んで仕舞わなければなりません。

生きていく力を吸い取れるモノなら、誰かから吸い取りたい気分ですけど

それが我が子のやる気だったりしたら大変ですから、自分が頑張るしかないですね。

お馬鹿な空想してないで、明日からまた一つ一つ仕事を片付けていくことで

自分なりのけじめの日に、一歩一歩近づいていかなければなりません。

仕事辞めちゃったら、そんなに寂しいのかな。

嫁さんより長生きしないようにしないと、独りぼっちには耐えられそうにないからね。

また、いつか何処かで会えたらと思います、Mさん。

早めの冬到来・・・なのかも

今年は、かなり早い冬の到来の様子。

明日は関東で雪になるらしいから。

福井はまだ降らないみたいだけれど、月末のタイヤ交換で問題ないかな・・・。

子供達の車は、朝早めに起きて換えれば、急に降ったとしてもなんとかなるか。

 

また、今年もそんな時期が来ました・・・Mさん。

寒いとか暑いとか、向こう側では関係ないことなんでしょうね。

DVDの映画とか、持って行ってあげれば良かった。

思ってはいたんだけど・・・どうしても家に入れませんでした。

もうちょっと、待っててくれなかったかなと・・・。

そんな我が儘を思ってもみましたけど、10年は長すぎましたね。

 

楽しかったな・・・学生で3年、就職してから14年。

本当に公私ともに良くしてもらった。

あの頃は良かったな・・・そんなことを言う様になったら年なんだというけど

もう良い年なんだろうな。

辞めてから16年、私は良い面構えになれたんだろうか。

大きな船を下りて、手こぎ船同然の小会社で、

大波をかぶりながら、なんとかかんとかやって来た感じだが。

振り返ると色々あったっけな・・・。

そう言える今は幸せな状態だと思う。

 

看護師していた頃も楽しかった。

私みたいなのでも、なんとか良い成績を収めて卒業することが出来た。

子供達が苦労をしている様子を見ると、看護師資格の取得は相当に

難しくなっているんだなと感じる。

私が今から看護師になることは、到底無理だろうなと思う・・・当たり前か。

あの頃で良かったな。

就職してからも、看護研究の全国大会に2回、オペ室に異動して4年。

看護研修も、ほぼ毎年行かせてもらってたっけ。

年に2回行ったこともあったな。

部活のソフトボールでも、下手くそな私でも出してもらえて

優勝とか経験出来たし・・・。

そんなソフト部の運営も、何故か突然停止して

センターも大きくなって、これから色々と難しくなっていくんだろうなという頃に

「昇任試験を受けろ」と言われて、合否発表の1週間前に事務長の家へ行ったのかな。

雨の降る寒い夜だったな、「辞めることにした」と告げたら、事務長驚いてたな。

ちょうど、今頃の時期だった様に思う。

あのまま師長になっていたらどうだったんだろうって、何度も考えたけど

きっとダメだっただろうな。

あの頃は、今よりもっとダメな私だったから下をまとめていけるはずが無い。

今の生き方が、一番自分に取って無難だったんだろうなって、今頃になってそう思う。

辞めてからは、決して楽な16年間では無かったけど。

どっちが良くてどちらが悪いなんて比較が出来はしないのは十分承知のこと。

人生にタラレバは無いのだし。

 

今の状態で良かったんだよね。

この冬を乗り切れば、子供達は3人とも社会人。

もう若くないから、この身体を大事に使ってあと10年無事にやっていかないと。

だんだん、無理が利かなくなっている気がする。

ぼちぼち・・・行くしか無い。

看護師として残った連中も、これから先10年は大変な立場だろうし。

10年経って65歳になったら、そしたら皆で温泉へ行きたいんだ。

それまで、もう一踏ん張り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ寒くなってきました

暑い暑いとこぼしていたら、急に寒くなって灯油の価格が気になる時期になりました。

年なのかな、あちこち痛むなと感じる今日この頃です。

一緒に働いていた仲間達も、あと10年したら皆退職しているのかも知れない。

その時が楽しみなような、寂しいような。

したいことは沢山あるけれど、一気にそれらを実行してしまうと

逆に目標を無くして寂しさが訪れるのだろうか。

でも、色々なことをやりたいと思う気力と体力が伴ううちに行動しなければ

身体が言うことを聞かないのか、引き籠もりがちになってしまうようだ。

ちょうど、現在の私の父親のように。

口先だけは百人前だが、最近では車の運転もままならないのか

ひょっとして失見当識があるのかと思わせるようなところもあるし。

あれだけどこへも行かずにテレビの前でじっとしていれば、自ら呆けようとしているのか?と

思ってしまうような状態だから、逆に呆けないのが不思議なくらいなんだが。

船乗りをしていた頃の思い出の場所であろう、呉や佐世保の港へ旅してみても

良さそうな気がするのに、全く行こうとする様子が無い。

まさか、私達が旅の手配をするのが当然だと思っているのでは無いだろうが。

生活費を負担しろなどとは言わないから、その辺りは自分で自由にやって頂きたいと思う。

何につけても、実際は仲の悪い私の両親のことだから、父は母と何処かへ行けというと

激しく拒否するだけのことで、息子としては「なんとも情けない自分の親だ」と

悲しくなるので、ここ数年来、そんな話をすることも止めてしまっているのだけど。

頑固で無口で出不精な父親とは対照的に、四六時中出歩いてばかり居て

一日中壊れたテープレコーダーのように喋り続けている母親がいる。

おそらく、父親の方が先に呆けるか逝くのだとと思うが

後に、あの自己中心的で無責任で唯我独尊的思考の母親が残るのかと思うと

先行きが思いやられる気がする。

祖母は78歳で逝ったと記憶しているが、あの婆さんは母親の年を越えてしまった云々と

言いながら、いつまでもいつまでも生きていそうな気がする。

もう直、82歳になるのだが、元気なもので、毎日今日は東へ明日は西へと

お忙しい毎日を送っている。

時折、私より長きするのでは無いのかという想いが過ぎることすらある。

実際、私達姉弟の面倒は、祖母が殆ど見ていたようなものだったし

かといって、私の子供の面倒などは見ようともしなかった私の母親である。

結局、あの婆さんは小さい子供の面倒を見れない女だったのかなと考えている。

その癖、自分のことを様付けで「親様に向かって」などと言うことを平気で口にする

厚顔無恥ぶりで呆れるのである。

こういう人間は、周囲に気を使わないから長生きするらしい。

最後に面倒を見てもらうのは、私の嫁に頼むしか無いので申し訳ない気持ちになる。

私のつたない知識で考えても、おそらく私の両親は共に人格障害者であると考えられるので、最後は問題を起こさずに逝ってくれるかどうか不安である。

不遇な幼少期をおくったのであるということを、70歳くらいまで愚痴っていた人達だから。

もう、そんなことを言う年齢でも無いだろうにと、つくづく情けない想いで聞いていたが。

 

人は人として生まれて、どのような人生を生きてどのようにして死んでいくのか

各々が、自分なりに納得のいく人生を送れるように精一杯努力していれば

その結果がどうであろうが、満足して終わるべきだと思っている。

齢80を過ぎるようになって、まだ愚痴や不平不満だらけの我が親を見ていると

年寄りは、子供達や孫達のために陰から支えになっていれば良いものであり

いつまでも表にしゃしゃり出ようとする姿が、如何に醜いものであるかを

反面教師として教えられている気がする。

私は、あぁはなりたくない。

人生を遡ることが出来るなら、私が看護師を辞めず会社を継がず

家を出て県外ででも独立していれば、このような思いをせずに済んでいたのかも知れないと思うこともあるが

その場合は、長男なのに親の面倒を見ないとか言うのだろうし

その後にあったいくつかの出来事のせいで、父の家屋敷や会社は無くなっていた可能性もあるし

そうなれば、結局、破産するなりして私の所へ転がり込んできて今より悪い結果になっているかも知れないな、とも推測したりしている。

どちらへ転がっても、余り自由の無かった感じの私の人生だったけれど

それはそれなりに、運にも恵まれてここまではなんとか形になっている気がする。

私の代としてあと10年家の屋台骨を支えていければ、後は心配してもしょうの無い話で

その時どうなっていようとも、会社を閉じて老後の生活に入ることにする。

バルクタンクの入れ替えや、その後の業界を取り巻く情勢には、

もう対応していける柔軟性は無いと考えるから。

パワーバランスが崩れて卸会社に潰されるくらいなら、その前に身を引くことが是であると考えているから。

私が勤めていた場合の退職金くらいは残せるだろうし。

その時、私の両親は90過ぎか・・・

文句しか言わないだろうし、それまでにおとなしく逝ってくれていた方が

問題も少なくて済むと思う。

親父がいなくなれば、長男も結婚出来るような気がするんだよ。

なぁ婆ちゃん。

 

 

 

 

 

涼しくなってきました

あれほど暑かったのに、やっぱり秋が来たようで涼しくなってきました。

なんだかね、まだ時間が止まったままみたいで....

やっぱり、嘘みたいな話なんで、ひょっこり顔を見せてくれそうな気もして

でも、月に一回検針でお家に行くといないんですね。

小さい壺に入って写真が笑っているだけのMさんで。

「うめ、わしな・・・・」って、声が聞こえてきそうなんですけど

もう、話は聞けないんですね。

お酒飲ませてあげたかったけれど、酔うと家の中で色々と問題を起こすみたいで

そんな話を聞くと飲ませてあげられなかったんです。

私達の上司だったのにね。

どうして、お酒に負けてしまうようになってしまったんですか。

あんなにお酒に強かった人なのに。

なにしてんですかね。

人生の運を使い果たしてしまったみたいな・・・そんな逝き方で。

まだまだ、楽しいこと沢山あったんだろうに。

芦原くらい、連れて行ってあげるべきだったのでしょうか。

片町で一緒に飲んでも帰りが正反対の方向では、送ってもいけなかった。

いくらなんでも、元上司にタクシー代渡すというのは失礼だと思いました。

あの時、「帰りくらい自分で帰るわい」と言ってくれたら

飲み代くらいはいくらでも持ちましたけど、それも余りに失礼な話かも知れなかった。

お金の問題じゃ無くて、寂しかっただけなんですよね、きっと。

でも、やっぱりお金の問題もあったんだろうかな。

息子さんや奥さんがつくってしまった借金が、かなりあったらしいから。

 

親って、男って馬鹿ですね。

最近、自分でも時々思いますけど、最後に残された宝物はお金では無くて

家族や友達なんだろうなと思います。

貴方は、家族という足場を失っていたみたいだったから

友達という足場が崩れた時に、自分を保てなかったのかも知れませんね。

顔が広くて、人付き合いも多くて、私なんか居なくてもと・・・

私もそう思っていました。

私みたいな奴が最後の足場だったわけでは無いでしょうに。

IさんもKさんも、最近は貴方からの電話に出なかったみたいだったから。

みんな貴方と話してあげたかった。

みんな、貴方に好きなだけお酒を飲ませてあげたかったんです。

ただ、みんな看護師だったのですよ。

貴方の身体や、ご家族に迷惑がかかることを考えてしまっていたんです。

それでなくても、息子さんのお嫁さんは大変だったみたいでしたし。

まるで子供みたいな話だけど・・・

f:id:ume_boshi:20161001203806j:plain

10月1日は、あっという間に過ぎ去っていった感じで。

とても楽しかった。

港のホテルは、とても眺めの良い立地で気持ちの良いホテルでした。

 

Iさんとは長いことぶりにお酒飲んで、色んな話をした。

他愛も無い話だったけれど無性に楽しかった。

Mさんの話もあれこれしたけれど、話せば話すほど

お世話になった話ばかりで、出来なかったことの自責の念で涙が出てしまった。

とりとめの無い話ばかりしていて、なにひとつこれと言った記憶に残る話は無かったけれど、ただただ楽しい時間でした。

子供みたいなんだけど、前の日に上手く寝られなくて。

遠足の前日の子供みたいで............

肝心の土曜の夜は、とてもとても眠かったのです。

それでも、3時過ぎまで話していたのかな。

 

センター内は色々大変な様で「やっぱり私は残らなくて良かったのかな」と思えたりして

でも「Iさんと仕事を続けたかったな」という気持ちもあって・・・

あの人とは馬が合うというのか話が合うというのか。

あと10年頑張ったら、一緒に旅行に行こうやと約束までしてしまった。

「師長」って呼ばれたかった気もして.....

人の上に立てるような器でもない私なのにね。

 

あと10年、見事走りきれるだろうか。

ここまで16年は、なんとかかんとか走り続けられたけど

ここから先は、看護師をしていた期間より長くなります。

 

もうMさんはいない。

親父~と呼びながらあの家へ行くことも、もう無い。

こんなことなら、何度でも芦原へ連れて行ってあげられたのにね。

そんなこと、今更何度言っても詮無いことなんだけど。

ここから先は、本当の意味で一人でなんとか歩いて行くことにします。

10年経って会社閉じたら、Iさんと一緒に親父が自慢していた長崎へ

親父の実家を尋ねてみたいと思います。

出来たら、九州を南へ下って鹿児島の知覧記念館へ行ってみたい。

そんな遠い目標を立てて、一歩目を踏み出してみることにします。

 

Mさん、厚かましいお願いだとは思いますが

雲の上から見ていて頂けますか。

よろしくお願いします。

お気に入りとか友達とか・・・

たまに、お知らせが来ます。

「お気に入りに設定されました」みたいな。

何処で見れば良いのでしょう。

また、どうやって、他の方のブログへ行けば良いのでしょう。

ネット上では、比較的自由に動けるのだけれど

Hatenaの中は、どうにもわかりにくい気がする。(ここもネット上だけど(>_<))

どなたか奇特な方から、コメント頂けると嬉しいです。

 

 

 

あ・・・来週は10/1か・・・なんだか楽しみだな。

Mさんの写真、もう少し探さないとです。

 

 

台風14号が来ているようですが・・・・

明日はMさんの四十九日法要がある。

近親者で執り行うものなので、私は、今日、お仏壇に手を合わせてきた。

検針も済ませてきたが、もうひと月半過ぎてしまったんだなと感じた。

すごく若い遺影写真で、笑ってましたね。

なにしてんですか・・・またお酒飲みに行けたのに

そんなにしんどかったのですか、あなたほどの人が。

10月1日がなんだか待ち遠しい気もします。

遺影の前にオールド置いてきましたけど、好きなお酒でしたよね。

息子さんに、1日はそれ持ってきてくれと言ってあるので

一緒についてくるのでしょうか。

おやっさん、前に芦原行ってから2年じゃ無いですか。

また、芦原行かんかって言ってくれれば良かったのに・・・

でも、あのときに「これで最後だろうなって」そんなこと考えてたのも事実なんで。

寂しがりの親父の写真、焼き増しって言うかコピーしないと。

Iさんも、みんな写ってる写真欲しがってたから。

 

出来たら、毎年、Mさん会出来たらって思うんだよ。

今になってそんなこと思うくらいなら、毎年、おやっさん連れてってたら

こんなことにならずに済んだろうにね。

病院で21歳から37歳まで16年間、おかげで楽しい思い出ばかりです。

なんでもかんでも、思い通りに動かしてもらえましたから・・・

みんなMさんが後押ししてくれたおかげでしたね。

給料なんか、8万円も一気に上がったことがあったし。

いつも「俺はいいから」って、あの時Mさん

「俺は3千円しか上がってないんだぞ」って言ってたっけね。

なんでもかんでも、皆のために、病棟のためにが先で

自分は後回しで・・・だから、息子さんも寂しかったんだろうね。

 

楽しい引退生活を送って欲しかったな。

辞めたあとのMさんは、しんどいことばっかりだったみたいで。

「○○、迷惑かけてごめんな。もう少し待ってくれな」って・・・

金のことなんか、そんな心配しなくて良かったんだよ。

ガス代くらい払えなくたって、Mさんの分なら問題なかったんだよ。

律儀に最後まで払ってくれて・・・楽になっちゃったのかな。

借金、もう少しで無くなるんだって・・・

殆ど、息子のためにした借金だったのにね。

退職金も年金もなにもかもつぎこんで、借金返して

毎月20万以上年金もらえてたはずなのに・・・

楽しいことなんて、なんにも無しで逝っちゃったんでないのかい。

 

あれもこれも想うけど・・・

後悔先に立たずとは、まさにこのことで、情けない想いばかり。