読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

眠れぬ夜

ソメイヨシノは盛りを過ぎて、今は八重桜が咲いています。
新緑の季節だけれど、今年は何故かいつまでも寒い。
と言いつつも、連休明けには汗かいてエアコンつけて走っているんでしょうけど。

病院を辞めて15年経ちました。
色々あったけれど、なんとか今のところ順調にいけている気がします。
それも、今ひとときのことなのかも知れないけれど、それはそれで良いです。
私には、そんなに先を読む力はないのですから、心配するだけ無駄というもの。
それよりも、これまでなにくれとなく助けて下さったセンターの皆さん....
特に、理事長、事務長には感謝せねばならないと思っています。
何かにつけて目をかけて頂いていたにも関わらず、期待を裏切って辞めてしまった私なのに
退職したあとも、ここまで良くしてもらえるなどということは普通はあり得ないことだから。
あれだけいつも怒ってばかりだった理事長なのに、今は笑顔で迎えてくれる。
私のような人間に、どうしてそこまでしてもらえるのかと・・・
あれこれ考えたが、姉のことや同僚のこと上司のこと、みんなに助けられて支えられているように感じます。

一人取り留めないことを考えながら眠れぬ夜を過ごしていると
何故か、涙が流れてきてしまって情けない限りなんだけど。

>僅かばかりの運の悪さを恨んだりして
>人は悲しい悲しいものですね・・・。

歌の歌詞ではないけれど、自分がとてもちっぽけで情けない性分なのに
周りに助けられて、やっとの事でここまでたどりつけている私なのに...
なんとか、石に齧り付いてでも皆が定年になる年まで頑張り通して
やり遂げましたという報告をさせて頂きたいと・・・
そのことを楽しみに、あと10年余を頑張っていきたいと思います。

臨床にいたかったな・・・
でも、私みたいな短気、いられなかっただろうな。
少なくとも、あの時上にあがっていたら、私が嫌いな私になっていただろうと思うから・・・
これで良かったんだよ。
みんな一生懸命頑張っているんだから、私ももっと頑張らないとね。

明日は、部長室へ皆の顔を見に行こうと思う。
事務長のオペのことも気になるし・・・。
元気で帰ってきてくださいね、待ってますから。
そして、また私の愚痴を聞いてやって下さい。