読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

なかなか暑い夏になりそうだ

週が明けて、心機一転頑張ろうと思ったけれど

なかなかの暑さが続いていて、一日中頑張る訳にも行かない。

気持ちはあっても、体力がというか年なんだろうか。

この身体、あと10年持つのかな。

ここまでの16年とは、ちょっと違ったしんどいものになるんだろうか。

 

そう言えば、この日記は下書き状態で保存しておくと

公開にした日の日付になってしまうようだ。

忘れずに、その日のうちに公開しないと、この前の日記のように

ぼやいた内容が、とんでもない順番で書き込まれてしまうことになる。

気をつけよう。

 

親父(Mさん)のことは、そうそう吹っ切れることでは無いようで

何かにつけて頭に浮かんでしまう。

映画のDVD、沢山あったのに持って行ってあげれば良かった。

思っていて、しなかったことが沢山ある。

お酒飲みにだって、いくらでも連れていってあげられたのに。

今年の会社の状況なら、温泉くらい連れて行ってあげられた。

ホントに、ひとりぼっちになっちゃってたんだろうね。

あんなに、皆に囲まれていた人だったのに・・・

 

周りに当たり散らしてばかりいたからだよ。

みんな怖がってしまっていたんだと思うし、貴方は親のような存在だったのですから

それに、皆、それなりの年齢になって家庭を持っているのです。

それも若くは無い、子供達が自立していくような年齢で・・・。

そんな元部下達に、酔っ払って真夜中まで電話しつづけたのですから。

 

ごめんね、もう、貴方自身でもどうしようも無くなっていたのでしょうね。

自分で自分の感情をコントロール出来なくなって......そんな行動取るような人では無かったのに

そうせずにいられなかったのでしょう。

どんな医師でも、脳器質性の精神疾患には対症療法しか無いですから...と言うだろうし。

身体の症状は軽くて済んだのに、精神がやられてしまったとは。

「人が心に思うことは、誰にも止められないから」

とある映画での、加藤登紀子さんのセリフですけども

自分自身でさえも、心に思うことは止めることが出来ないのは事実。

 

偲ぶ会をやろうと思うんです。

貴方を送り、自分自身の気持ちに区切りをつけるために。

病気が無かったら・・・

あの破天荒な息子さんの借金が無かったら・・・

貴方は今も笑顔で生きていてくれたのでしょうか。

 

最後に、離れを建てた借金は、あれは1年待てば良かったんだよ。

でも、今は息子さんも帰ってきたし、あれはあれで必要だったのかも知れない。

そう思うと、貴方は家族のために必要なことをして逝ったのでしょうか。

 

いくら私達でも、家族の中にまでは入れはしないと

そう感じた出来事もありましたっけ。

 

これからが、どうなっていくのか判りません。

私も年を取ってリタイヤしたら、貴方のように寂しくなってしまうのでしょうか。

奥さんが入院していたからなのかな。

私も、嫁さんがいてくれなかったら寂しいだろうね。

嫁さんより先に死にたいなって、そんなこと、たまに思うから。

Mさん、良かったら偲ぶ会に来ますか?

あちらが楽しいから来ないでしょうね。

こちらが嫌になって逝ったのだし。

思い出の写真、用意しないとです....