読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

諸行無常というものですか

Mさん、初めてのお盆が来ました。

奥さんのお店に皆がたむろしていた頃が懐かしい・・・

色んな事でお世話になりすぎて、一つ一つ思い出すのが辛い。

奥さんにも色々ご迷惑掛けていました。

うちの親父まで、店に押しかけて愚痴をこぼしていたことがあったっけ。

 

うちは、全くの馬鹿親子で・・・

自分の父親が死んだときに、あれだけ泣けるだろうかと。

おそらく、私は両親の葬儀の時に涙が出ないのでは無いのかと思う。

でもMさん、貴方の死は、私にはとても堪えるモノでした。

涙云々では諮れないほどの大きな穴が、心に空いたみたいで。

大きすぎて、まだ判らないのかも知れないほどの。

 

今頃になって思いました。

人が死ぬということは、こんなにもあっけないことなのかと。

今まで葬儀には何度も出てきたつもりだったし

人の死には、一般の人達より立ち会ってきたはずだったのに

これほど堪えたというのか、なんとも言えない気持ちになったのは

初めてです。

1日の日中には、元気でいたんだよね。

気持ちはしんどかったんだろうけど、少なくとも死ぬような身体では無かったはず。

看護師が周りにこれだけいて、止めることが出来なかったというか

そばに行くことすら出来ない状態になっていたということが悲しいです。

自分自身情けなかった。

私は、自分のことしか考えていなかったのでしょう。

Mさん、向こう側へ行って楽になれたのでしょうか。

麻雀メンバーと楽しくやっているのでしょうか。

そもそも、向こう側なんてあるのですか。

骨壺に入ったMさんを見ても、実感は湧かないのです。

死んだ後も、寝てるみたいな顔していたんだし。

 

そう言えば、

「うめちゃん、酒飲みに連れてってくれや」

「ばあさんの店でも良いから」って・・・言ってたんだよね。

繁華街を挟んで、家が反対方向だから送っていけないよって・・・

そんな言い訳して断ってたんだ。

「そうか...」って言ったMさん、電話でも判るくらいに残念そうだった・・・

いくらでも連れてってあげられたんだけど、

酒だっていくらでも飲ませてあげられた、

ちゃんと楽しく飲ませてあげられれば、普段はお酒我慢出来たのかも知れないね。

気がつかなかったんだよ・・・今、そうだったかも知れないって思ったんだ。

そういえば、一昨年温泉行った後、しばらく飲まなかったんだよね。

毎年連れてってあげれば良かったのかも知れないですね。

そんな大したことでも無かったのに。

いくらでも、嫁さんに送ってもらえたんだけど、

貴方にお酒飲ませたらいけないって、そんなことばかり考えてしまって。

そんな、コップ1杯も飲めなくなってたなんて知らなかったんです。

楽しいこと、つくってあげないといけなかったんでしょうね。

いつか、長崎へ一緒に行きたかったな。

貴方の明るい顔が、私は大好きでした。

「うめ、心配するな。任せておけ」って、いつも笑っていました。

一度も叱られたことも無ければ、だめだと言われたことも無かった。

私が、結構な無理難題を言い出しても、いつもGOサインを出してくれました。

そのせいか、周りでは私に対して僻む向きもあったようだけれど。

みんなが、8人で2班に分かれてスキーに行きたいといったときも

わしが代わりに頑張って働いてやるからいってこいと・・・

その代わり帰ってきたら頑張って働けよと、そう言って送り出してくれました。

1つの病棟で、一時的にせよ8人が旅行に行くというのは

普通の上司であれば、絶対だめだと言いますね。

私がMさんだったら、難しい顔してしまっていたでしょう。

 

お酒飲んで身体悪くして、勤めていた病院に入院して皆に見送られて逝った方が

貴方にとっては幸せだったんだろうか。

今の私には、まだ判りません。

私がお酒飲ませたせいで、別の問題が起きるようだといけないからと

そんな心配ばかりしていて。

身体を悪くして、入院ということになればそれはそれで良かったのかも知れないけど

警察沙汰とか、飲酒事故とかとなったら、取り返しがつかないことだし。

どうしたら、一番良かったんでしょう。

 

今はただ、申し訳なかったという思いが残っただけ......

Mさん、初盆になりました。