ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

まるで子供みたいな話だけど・・・

f:id:ume_boshi:20161001203806j:plain

10月1日は、あっという間に過ぎ去っていった感じで。

とても楽しかった。

港のホテルは、とても眺めの良い立地で気持ちの良いホテルでした。

 

Iさんとは長いことぶりにお酒飲んで、色んな話をした。

他愛も無い話だったけれど無性に楽しかった。

Mさんの話もあれこれしたけれど、話せば話すほど

お世話になった話ばかりで、出来なかったことの自責の念で涙が出てしまった。

とりとめの無い話ばかりしていて、なにひとつこれと言った記憶に残る話は無かったけれど、ただただ楽しい時間でした。

子供みたいなんだけど、前の日に上手く寝られなくて。

遠足の前日の子供みたいで............

肝心の土曜の夜は、とてもとても眠かったのです。

それでも、3時過ぎまで話していたのかな。

 

センター内は色々大変な様で「やっぱり私は残らなくて良かったのかな」と思えたりして

でも「Iさんと仕事を続けたかったな」という気持ちもあって・・・

あの人とは馬が合うというのか話が合うというのか。

あと10年頑張ったら、一緒に旅行に行こうやと約束までしてしまった。

「師長」って呼ばれたかった気もして.....

人の上に立てるような器でもない私なのにね。

 

あと10年、見事走りきれるだろうか。

ここまで16年は、なんとかかんとか走り続けられたけど

ここから先は、看護師をしていた期間より長くなります。

 

もうMさんはいない。

親父~と呼びながらあの家へ行くことも、もう無い。

こんなことなら、何度でも芦原へ連れて行ってあげられたのにね。

そんなこと、今更何度言っても詮無いことなんだけど。

ここから先は、本当の意味で一人でなんとか歩いて行くことにします。

10年経って会社閉じたら、Iさんと一緒に親父が自慢していた長崎へ

親父の実家を尋ねてみたいと思います。

出来たら、九州を南へ下って鹿児島の知覧記念館へ行ってみたい。

そんな遠い目標を立てて、一歩目を踏み出してみることにします。

 

Mさん、厚かましいお願いだとは思いますが

雲の上から見ていて頂けますか。

よろしくお願いします。