読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

子守唄・・・

幼い頃、祖母の背に負われて耳にしていた子守唄。

祖母が勝手に創っていたものかと思っていたんだけれど

生まれ育った田舎の辺りで唄われていた子守唄らしい。

もっとも、私が憶えていた歌詞とは少しだけ違う気がするけれど

なにせ、遠い昔の多くだから。

 

ねんねんや、おころりや

ねんねの寝た間にまま炊いて、赤い茶碗にととよそて....

 

その辺りまでしか憶えていない。

 

.................これが元歌らしい.................

ねんねんや おべどこじゃ
ねんねの寝たまに まま吹いて
赤い茶碗に ままよそて
白いお皿に ととよそて
ねんねが起きたら 食わしょかな

''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' 

 

本当にやさしい祖母だった。

飯粒の中の仏様の話とか、人が死ぬとミミズから何度も生まれ変わって

ようやく人間に生まれてこれたのだから、命を大切にしなければならないとか・・・

何度も何度も、それこそ耳にたこができる位に聞かされた。

私は身体が弱かったから、よく風邪をひいて熱を出した。

そうすると、リンゴを摺り下ろして食べさせてくれた。

また、それも食べられない時は絞って飲ませてくれた。

当時は、ポカリスエットアクエリアスなんて無かったから。

本当に身体が弱かった私に、いつも寄り添って面倒を見ていてくれた気がする。

祖母がいなかったら、私は大人になるまで生きていられなかったかも知れないと思う。

小学校低学年の頃は、出席日数が危うくなる位に入院ばかりしていたし

そのせいか勉強も、ちゃんとついていけてなかったし。

それなのに良く看護師なんぞになれたものだと思う・・・あれは時代が良かったのかな。

「男の看護婦さん?なにそれ?」って良く聞かれたっけな。

全てがゆっくり進んでいた時代だったと思う。

 

ふと思う、「あんなやせっぽちで病気がちだった自分が

良くここまでやってこれたものだと・・・。」

 

婆ちゃん、ありがとうね。

「遺影の写真撮って欲しい」って何度も言ってたけど

良い写真あったじゃない、良い笑顔ですよ。

そんな写真、撮りたくないって言っちゃったっけか・・・ごめんね。