ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

○○屋さん廃業

知り合いの○○屋さんが、この春に廃業することになったようです。

お母さんと息子さん(40代半ばかな)でやっていたのですが

突然、店を閉じることを決めたようでした。

何故そう感じるかというと・・・

そのお宅は、お父さんが15年程前にお亡くなりになりました。

立派なお宅があるのだけれど、昨年末に新しい家を建てて息子夫婦は家を出たようなのです。

家を新築したばかりなにのに、旦那が仕事を辞めてどうするんだろう。

大丈夫なんだろうか。

でも、閉店という知らせを聞いてお店に行った時、息子さんの笑顔を初めて見たような気がした。

商売が合わなかったのかな。

そういう私だって、別に商売したい訳でも何でもなくて、生きていくために仕方なくやっているだけなんだけど。

そりゃ、看護師続けていた方が良かったんじゃないかって、そんなこと辞めてから数え切れないほど思った。

でも、これは現実だから振った賽は元には戻せないのです。

お金の点で、なんとかごたつかずに生きて来れたのは幸運だったように思うから

人生の選択として、最善だったかどうかは別としてこれはこれで、良い方向に来れたのだと思うことにしている。

振り返って後悔ばかりしていてもしょうがないし。

ただ、子供達には自分が選んだ人生を歩ませてやりたい。

親のために子供が人生を曲げるなどということは、間違いだと思うに至ったから。

それにしても、金物屋さんは大丈夫なんだろうか。

奥さんが薬剤師さんだから、結構なお金になるらしいけど

旦那さんが仕事をちゃんと出来ないと、いろいろ家庭内で問題も出るだろうし。

子供が少し大きくなって、お婆ちゃんに面倒見てもらう必要が無くなった頃に

家を出て、自分達だけで暮らしていくというのは・・・

端から見ていてどうなのだろうかなと感じてしまった。

ただ・・・私も若かったら、そうしたかったかも知れないけど。

嫁さんが、もし薬剤師だったら、辞める選択はなかったんだろうかな。



どうなんだろう?・・・俺。