ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

恵まれた人生を歩んできたんだなと思う

自分は、今まで恵まれた人生を歩ませてもらえていたのだなと感じる。

なにか問題があったとしても、それはしばらく我慢していればなんとかなってきた。

大きな進路については、ほぼ順調に進んで来れた気がしています。

 

でも、人生も半ばをとうに過ぎ、そろそろ引退を視野に入れて考える様になって

自分自身のモチベーションが下がっているというのか

色々問題が山積する様になっているというのか.....

 

少しだけだろうけど、Mさんの気持ちがわかる気がするよ。

Mさんほどしんどい状況では無いんだけどね。

Mさんの場合は、人生の良いことがずっと続いていた状態だったのに

退職した途端、それらが裏返しになった様に悪いことばかりが、

これでもかこれでもかと続いた感じだったから。

あんな明るくて強い人だったのに・・・

病気は本当に怖いんだよと、教えてくれたのかも知れませんが。

 

私は、なんとか頑張ってあと9年やり遂げないとだから。

そんなこと思ってるけど、気持ちが後ろ向きなのは事実なんだろうな。

妙にMさんのことが恋しい。

「うめちゃん、わしな・・・」となんでも話してくれた私の大切な上司。

人生の師でもあったし、色々教えてもらい面倒も見てもらった。

感謝の気持ちしか無いから。

ただ、脳梗塞であれほどの性格変化が起きるとは思わなかった。

鬱とアルコール嗜癖の為せる業だったのかも知れないが。

一人で、寂しかったんだろうね。

病院で、貴方が創り上げた病棟のメンバーに囲まれていることが

貴方の幸せだったんだと思うから。

そんな場所を、そんな時間を創ってあげられなかったのが心残りで。

ほんとに独りぽっちで苦しんでいたんだろうね。

判ってあげられなかったんです。

看護師してたのにね。指導者していたのにね。

ホントはなんにも出来ない奴だったのかも知れません。

Mさんが、頑張れと言ってくれていたから頑張って来れただけで

ホントは、やせっぽちの情けない奴だったんだと思います。

Mさんの後ろについて来れたことが、とても幸せなことだったんだろうね。

でも、私は病んでしまったMさんを支えきれるほどの人間では無かった。

電話でMさんから怒鳴られるだけで凹んでしまう様な、弱い人間だったんです。

IさんもKさんもM君もD君もTさんも、もちろん私も、みんな貴方の後をついてきた

部下でしか無かったのです。

まだまだ非力すぎて、貴方ほどの機転も利かなければ、踏ん張る力も無いのかも知れません。

他の皆は、センターで幹部職になっていますからそんなことは無いのかも知れませんが

私は、その直前で逃げてしまった人間ですから、一番弱いのでしょうね。

この気持ちのモヤモヤは、いつもならしんどいことがあった時に

貴方と話をすれば軽くなったモノなんですが、もうMさんは何処にもいないのですね。

あと9年走りきれるんだろうかと、そんなことすら不安になっている今の私です。

どうしたもんでしょう。

Mさん、こんな馬鹿者を助けてやって下さい。