ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

私も年とったんやろかねぇ・・・・

最近の若い奴らは・・・と、昔のおっさん達の様なことをぼやいている自分が居る。

テレビで、訪問する約束を守らず、何度もすっぽらかして取引先の社長を激怒させた

社員のために、上司が手土産を持って謝罪に行く番組をやっていた。

TBSの「尾行バラエティ ドコヘ行くのか!?」という奴らしい。

 

その若い社員は、ビビっている割に謝罪先の会社へ入る直前まで帽子を被っており

上司に注意されてようやく帽子を取る始末。

「緊張しているため」とテレビのコメントがついていたが、そんなことさえ判っていない様に感じられた。

髪型も格好をつけているのか、もみ上げを伸ばして印象が良くない。

営業職なんだろうに自覚が無いらしい。

全て、上司が話をして怒り心頭の取引先の社長になんとか懐柔して事なきを得た様だが

問題の若い社員は、きっとまた同じことを繰り返す様に思われる。

 

うちの会社でも似た様なことが過去に何度かあったが、相手先がこれほど真摯に謝罪に来たことは無かったな。

残念なことに、うちはたいした会社でも無いから仕方ないか。

1月の新年会で、R社の担当に今まで取引が無かったのでたまには来社してくれと話したら、必ず行きますからと熱心で、来たらなにか買ってあげないとなと考えていた。

しかし、2月が3月になってもR社の担当が来社することは無かったね。

他の販売店の店主から「R社の担当は転勤になるらしくて、この間挨拶に来たよ」と

話を聞いたときにはびっくりしたというかなんというのか。

その件をイワ○ニの担当にぼやいたら、しばらくしてR社の担当から電話がかかって

「私は移動で訪問出来ませんでしたが、次の担当には必ず行かせますから給湯器を買ってください」とのたもうていましたな・・・・

どんな人間だと、そんな厚かましいことが言えるんだろうかと思いましたが。

本当に呆れるばかりで。

「そうだね、本当に来たらまた考えてみるよ」と答えておいたっけ・・・

あれから何年経ったんだろう。5年か?それ以上か。

未だにR社の担当がうちへ営業に来たという事実は無いと記憶している。

ま・・そんな時代なんだろうね。

このテレビ番組のふざけた担当を見ていて、そこらじゅうこういうので溢れてるんだろうかなと残念な気持ちになった。

月に20日ほど弁当持って会社へ通うと、給料もらえて楽しいなと・・そんな感じなのかな。

会社が傾いたとしたら、立派にお前らの功績だろう。

今来ているP社の担当も、なんかホワーッとした覇気の無い感じだし。

物事のアンサーが返ってこないタイプみたいだし。

扱いに困るわ。どっちが客なんだか判らない。

なんか、情けないなぁ。