読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

涼しくなってきました

あれほど暑かったのに、やっぱり秋が来たようで涼しくなってきました。

なんだかね、まだ時間が止まったままみたいで....

やっぱり、嘘みたいな話なんで、ひょっこり顔を見せてくれそうな気もして

でも、月に一回検針でお家に行くといないんですね。

小さい壺に入って写真が笑っているだけのMさんで。

「うめ、わしな・・・・」って、声が聞こえてきそうなんですけど

もう、話は聞けないんですね。

お酒飲ませてあげたかったけれど、酔うと家の中で色々と問題を起こすみたいで

そんな話を聞くと飲ませてあげられなかったんです。

私達の上司だったのにね。

どうして、お酒に負けてしまうようになってしまったんですか。

あんなにお酒に強かった人なのに。

なにしてんですかね。

人生の運を使い果たしてしまったみたいな・・・そんな逝き方で。

まだまだ、楽しいこと沢山あったんだろうに。

芦原くらい、連れて行ってあげるべきだったのでしょうか。

片町で一緒に飲んでも帰りが正反対の方向では、送ってもいけなかった。

いくらなんでも、元上司にタクシー代渡すというのは失礼だと思いました。

あの時、「帰りくらい自分で帰るわい」と言ってくれたら

飲み代くらいはいくらでも持ちましたけど、それも余りに失礼な話かも知れなかった。

お金の問題じゃ無くて、寂しかっただけなんですよね、きっと。

でも、やっぱりお金の問題もあったんだろうかな。

息子さんや奥さんがつくってしまった借金が、かなりあったらしいから。

 

親って、男って馬鹿ですね。

最近、自分でも時々思いますけど、最後に残された宝物はお金では無くて

家族や友達なんだろうなと思います。

貴方は、家族という足場を失っていたみたいだったから

友達という足場が崩れた時に、自分を保てなかったのかも知れませんね。

顔が広くて、人付き合いも多くて、私なんか居なくてもと・・・

私もそう思っていました。

私みたいな奴が最後の足場だったわけでは無いでしょうに。

IさんもKさんも、最近は貴方からの電話に出なかったみたいだったから。

みんな貴方と話してあげたかった。

みんな、貴方に好きなだけお酒を飲ませてあげたかったんです。

ただ、みんな看護師だったのですよ。

貴方の身体や、ご家族に迷惑がかかることを考えてしまっていたんです。

それでなくても、息子さんのお嫁さんは大変だったみたいでしたし。