ume_boshiのブログ

人生の半ば、ふとした迷いから転職をしてしまった元看護師のぼやきです。

偲ぶ会をしようと・・・

私を入れて4人ほどで、偲ぶ会をしようかなと思う。

Kさんの提案なのだけれど、一昨年の9月にMさんと4人で行ったのを

憶えていて、そう言ってくれた。

一昨年と同じ旅館にしたら、Mさん出てきそうで怖いから

今度は別の旅館にしようと思う。

それまでに、思い出の写真とか焼き増ししないとですね。

涙流して思いで話しても、切りが無いんだろうけど

余りにあっけなく消えてしまったから、なにかしないと。

 

釣りしてきたんだとか、バイクで旅行してきたんだとか・・・

そんな羨ましいほどの引退生活が待っていたはずじゃ無かったのですか。

ずっと万年床で寝たまま酒飲んでテレビはつけっぱなしで・・・。

気持ちが鬱いでしまっていたのでしょうか。

九州へ一度帰ってみても良かったのかも知れないのに。

 

そんな話もこんな話も、あれこれしてみようと思うんだよ。

あの日のメンツに、貴方の代わりに息子さんを加えてね。

場所はどこでも良いんだ・・・

泊まれて食事が出てお風呂があれば。

D君を呼んだ方が良いのかどうか、まだ迷っているんだけど。

病院内の人達が偲ぶ会をしようと思えば、いつでも企画して出来るだろうから。

もし、私を呼んでくれたとしたら喜んで行くつもりだけれど

おそらく、Mさんのことは彼らの中ではもう終わっているんだと思うから

そんな話が出ることは無いんだろう。

 

Mさん、今頃、雲の上でなにしてるんでしょうか。

オリンピックくらい見ていけば良かったのに。

そんな誕生日にこだわらなくても。

来年の命日には、誕生日ケーキを持っていかないといけないじゃないですか。

へんな命日になってしまうよ。

息子さんは、墓を建てないみたいだし仏壇もどうなるやら。

墓たてて欲しいんだけどね、たまに会いに行きたいから。

でも、そこまでは、私には口出せないから。

ひょっとしたら、彼は改装したときに電化にするつもりなのかも知れないから

そしたら、Mさんの家に行くことは、もう無くなるんだろうね。

夜中に酔っ払い電話がかかってくることも無いんだね。

寂しいような、ホッとしたような。

複雑です。

あの家では、色んな事があったから。

楽しいことは沢山あったし、夜中に泣きながらMさんを叩き起こしたときもあったな。

迷惑を沢山掛けたよ。